よいよい写真館とさでん>堀詰電停

1904年(明治37年)5月2日 堀詰-乗出間、及び梅ノ辻-桟橋間が開業しました。

周囲にはみずほ銀行、幡多信用金庫、大和証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券等が集中する高知市の金融街的な場所です。
高知警察書の交番があります。

江戸時代には本町の東端で郭中を囲む外堀が北の江の口川から南の鏡川まであり、郭外の堺町との間に架かる橋が堀詰橋でした。
海からの堀川を使う水運はここから高知城近くまで堀を通って行けたので便利でした。
中山高陽誕生地は東へ約150mの南側にあります。
立志社跡碑は東へ約150mの北側中央公園内にあります。
坂崎紫瀾邸跡は北へ約400mにあります。
吉田東洋受難の地碑は西へ約100mの中の橋通を北に約150mの左側にあります。
間崎滄浪住居跡は北方約1kmにあります。