よいよい写真館とさでん>グランド通電停

1904年(明治37年)5月2日 堀詰-乗出(現在のグランド通)間、及び梅ノ辻-桟橋間が開業しました。

升形、乗出について
隣の電停は升形ですが、江戸時代、山内氏が城下町を整備したとき郭中の本町の西詰めと上町の本丁筋との間においた広場です。
緊急事態の徴兵を集結させる場所であり、その人数を概算するための「枡」になるものでした。
毎年の正月に行われていた馭初式の際には「升形」は騎馬武者の集合場所になり、「乗出」から本町通りを馬に乗って一斉に走りました。
このためか現在でも堀詰と乗出の間は直線になっています。

電停から北に約50m進むと福岡孝弟の生誕地があります。